小児歯科

お子様の治療

 

お子さまの歯は、むし歯の早期発見・早期治療がとても重要です。乳歯は永久歯の半分の大きさと半分の厚みで、歯質が柔らかいため、小さな虫歯でも数ヶ月で神経まで侵してしまい、気づくのが遅れがちです。子供は”どうして虫歯になったのか””どうして自分がこんな痛い目にあわないといけないのか”それらを自覚することはできません。すべてお母さんの自覚によりコントロールされます。食生活に気を配り、日々のブラッシングで注意深く観察することが必要です。そして定期的な歯科検診も欠かせません。乳歯は使い捨ての歯ではありません。成長期の大切な食生活を支えます。

 

また将来の大人の歯、歯並びや噛み合わせに大きく影響をすることを考えると、とても重要な歯でもあります。子供にとって歯の治療は決して楽しいものではありません。しかし、乗り越えることができないほど苦痛でもありません。お母さんは”うちの子は治療できるのだろうか””泣いたり暴れたりしないだろうか”と心配されることでしょう。まず、歯科医院の雰囲気になれることから始まり、少しづつ根気よく治療を行ないます。そして歯の治療をがんばったことを周りの人がそれを認め励ましてやることも大切です。治療が終わる頃には見違えるほどしっかり者になっていることでしょう。

 

子供の歯の治療も大人と同じに、削ったり詰めたりします。しかし根本的に違うことがあります。それは子供の歯や顎は日々成長し、変化していることです。治療が終わっても安心してはいけません。定期的な健診と予防措置を継続する必要があります。

 

実際の治療

 

大人でも嫌な歯科治療ですので、なるべく痛がらないように工夫して治療をおこないます。

 

小さなむし歯の場合

小さな虫歯の場合

初期の虫歯にはレーザー治療やフッ素塗布、進行止め塗布、シーラントなどで処置します。進行した虫歯は感染部分を削り、白いプラスチックや金属の詰め物をします。

 

大きなむし歯の場合

大きなむし歯の場合

奥歯は金属冠を、前歯はプラスチックで修復します。

 

歯を抜いた場合

歯を抜いた場合

永久歯が生えるスペースを確保するために、隣の歯にワイヤーの付いた冠を巻いたりかぶせたりします。

 

 

日ごろのブラッシングが大切

 

最初から歯みがきが好きな子どもや、歯みがきの意味を理解している子どもはいないでしょう。早い時期に習慣づけないと、歯みがき嫌いのこどもになってしまし、結局、むし歯治療で歯科を受診することになります。そして歯みがきよりもさらに嫌な経験をすることになります。「磨かなくては!」とあまり神経質になるのも考えものですが、「いずれ自分でみがくようになる」と楽観視するのも問題です。放っておいて子どもが自主的に歯みがきをすることはありません。気づいたらむし歯だらけ、ということがないように、少しずつでも歯みがきの習慣をつけましょう。

 

 

フッ素塗布

 

フッ素塗布

フッ化物を塗布することにより、強固な歯質を作り虫歯を予防します。

また、ごく初期の虫歯なら治すことも可能です。歯質の弱い乳歯や萌出直後の永久歯には特に効果的です。

 

 

 

 


上に戻る