予防歯科

予防歯科の目的

 

歯は一度削ってしまうと二度と元には戻りません。虫歯になって歯科医院に行き、歯を削って治療が終了しても、そのまま放置すれば、再治療になる可能性は以前より高くなります。それは、歯と詰め物との間をかなり精密に合わせたとしてもマイクロギャップ(小さな隙間)が存在し、その小さな隙間から細菌が侵入し虫歯を再発させてしまう恐れがあるからです。

 

治療のやり直しを繰り返すほど、歯は大きく削られ確実に抜歯への道をたどっていきます。皆様の歯を生涯守るためには「歯医者が歯を削らない」事も大切です。そして歯を削らないための予防治療がとても重要であると言えます。


 

予防のための処置

 

PMTC

 

PMTC

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略です。特殊なラバーカップやブラシを使用して、歯の表面を覆うバイオフィルムを除去します。痛みも無く、快適にクリーニングしていただけます。


 

スケーリング・ルートプレーニング

 

スケーリング・ルートプレーニング

ハンドスケーラー(手用器具)や超音波スケーラー(器械洗浄)を使用して、歯と歯の間や、歯と歯肉の隙間のブラッシングでは落とせない歯石を除去します。保険適応です。


 

フッ素塗布

 

フッ素塗布

フッ化物を塗布することにより、強固な歯質を作り虫歯を予防します。また、ごく初期の虫歯なら治すことも可能です。歯質の弱い乳歯や萌出直後の永久歯には特に効果的です。


 

シーラント

 

シーラント

奥歯の溝は深く複雑な形をしていますのでブラシが届きません。シーラントは、この溝を埋める薬です。生えたばかりの6歳臼歯は歯質も弱く虫歯のリスクが高いため、シーラントはお勧めです。しっかりとクリーニングした後に塗布します。


 

唾液検査

 

唾液の量と質を検査します。このことから虫歯や歯周病になるリスクを調べることができます。治療ではありませんが、ご自身の歯に対する予防意識が高まります。

 

 

ブラッシング指導

 

ブラッシング指導

ブラッシングは毎日の習慣です。間違った磨き方を無意識に行っていてはプラークコントロールはできません。正しいブラッシングを習得していただきます。また、染め出し液を使用してどこに磨き残しがあるかを知ってもらいます。当院では歯科衛生士が指導いたします。


 

定期健診をオススメします

 

当院では、治療完治6ヵ月後に定期健診のご案内をハガキにてお知らせいたしております。個人差にもよりますが3~6ヶ月間隔に一度、歯科医院でのプロケアをお勧めします。

 

 

 

上に戻る